トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 中等度歯肉炎

中等度歯肉炎

中等度歯肉炎
炎症が進行し、歯周ポケットが4~6mm程度と深くなった状態です。歯槽骨の吸収がさらに進行し、歯を指で押すと歯が動きます。ここまで進行すると、歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が現れます。

治療
ブラッシングで歯ぐきを改善します。その後、歯石がついている部分の歯石を除去します。歯ぐきの中のルートプレーニング行うときは麻酔をして行います。重症の場合は歯周外科を行う場合もあります。
術後、定期的に歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCが欠かせず、再発防止が重要になります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 中等度歯肉炎


予約