トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病は静かに進行する怖い病気

歯周病は静かに進行する怖い病気

歯周病歯周病は歯周病菌が引き起こす病気で、40歳以上の日本人のうち5人に1人がかかっているといわれています。恐ろしいことに初期症状がなく、症状が現れたときにはかなり深刻な状態になっています。歯周病が"サイレントキラー"と言われるのも、このためです。

歯周病になると歯周ポケット内部の歯根に歯石が付着し、炎症が起きます。さらに広がると歯根膜が破壊され、歯がぐらぐらつき始めます。放っておくと歯を支えている歯槽骨まで溶けていき、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

恐ろしい病気と思われるかもしれませんが、早期発見・早期治療を行えば、大切な歯を歯周病から守ることができます。そのためにも半年から1年に1度、定期健診を欠かさずに受けることが大切です。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病は静かに進行する怖い病気


予約