トップへ » 当院が選ばれる理由 » 大人の矯正・子供の矯正 » 矯正開始時期は乳歯と永久歯の混合期がベスト

矯正開始時期は乳歯と永久歯の混合期がベスト

お子さまの矯正治療は第一期治療第二期治療があります。それぞれ治療を開始する時期があり、お子さまの歯やあごの状態を見ながら、治療を始めます。

第一期治療は、永久歯と乳歯が混在している7~12歳ごろに始め、床矯正などであごを広げたり骨格の歪みを治したりします。その後、すべての歯が永久歯に生え変わった後、第二期治療に入ります。

第二期治療では、上・下、すべての歯にブラケットを取り付け、ワイヤー矯正を行います。歯のねじれ、歯並びなどを整え、正しい噛み合せにしていきます。

小児矯正は早ければ早いほどいいと言われているのは、その後の治療もスムーズになるからです。そのほかにも、こんなメリットがあります。

・成長期のお子さまは骨が柔らかく、歯の動きやあごの成長をコントロールしながら骨格とあごのバランスを整えることができます。
・大人に比べると治療中の痛みや苦痛が少なく、効率のいい治療が期待できます。
・第二期治療に入ったとき、非抜歯矯正が可能になります(例外もあり)。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 大人の矯正・子供の矯正 » 矯正開始時期は乳歯と永久歯の混合期がベスト


予約