トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » POINT1:骨が少ない方の安全な治療法

POINT1:骨が少ない方の安全な治療法

オステオプッシャーオステオプッシャーは、低侵襲のインプラント手術を行うためプラトンジャパンと水口稔之先生が、開発した器具です。回転力と推進力により低侵襲の手術とは、より痛みが少ない、より安全で、短い手術時間で出来る手術です。

1.ほとんど骨を削らずインプラントを入れられる!
従来の骨を沢山削る手術と違い、オステオプッシャーは、骨を削らずにインプラントを入れるための穴を作ります。オステオプッシャーは、その名の通り骨を押すのです。そのため、安全性が高い手術になります。

2.治療期間の短縮ができる
上顎の骨は元々柔らかい骨の場合が多く、通常のドリリングによるインプラント埋入では、十分な初期固定が獲得できず、治療が長期間になってしまうケースが多く見受けられます。オステオプッシャーを用いて、柔らかい骨を圧縮しながらインプラント体埋入窩を形成することで十分な初期固定が獲得しやすくなり、早期に骨結合の獲得が可能になります。

3.簡単に骨を増やせる。
オステオップッシャーは、細い骨を太くする事が出来ます。従来の削る手法では、骨は少なくなるだけでしたが、オステオプッシャーは、削らず骨を押し広げるため、細い骨でも太くなるのです。

簡単に骨を増やせる

細い径のオステオプッシャーから太い径のオステオプッシャーを使うことにより、押し広げることにより細い骨幅は太くなり、柔らかい骨質は、密になり初期固定が十分に獲得でき、治療期間の短縮につながる。

 


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » POINT1:骨が少ない方の安全な治療法


予約