トップへ » 理事長紹介 » 治療ゴールを意識した完成度の高い補綴物

治療ゴールを意識した完成度の高い補綴物

補綴物東北大学の研修医時代、多くの臨床経験を積み、技工物の製作にも携わってきました。本来、被せ物は技工士が作るものですが、東北大学ではカリキュラムの一環として、研修医に作らせていたんです。

ここで学んだ技術は実際の治療でも使われるほどの高いレベルでしたので、とてもいい経験ができたと思っています。技工物が作れるようになったおかげで "ゴール"を強く意識するようになりました。

たとえば補綴物を入れるとき、最終ゴールを考えながら色々な治療方法を考えていくことができるんです。また、歯の削り方や型取など、細かな部分も意識するようになりました。いまでこそ自分では作りませんが、とても貴重な体験をさせてもらったと思っています。


トップへ » 理事長紹介 » 治療ゴールを意識した完成度の高い補綴物


予約