取り外せる矯正装置

  • TOP  >  
  • 取り外せる矯正装置

invisaline矯正中の見た目や不便さが気になる方へ

取り外せる矯正装置をご存じですか?

目立たない、取り外せる矯正装置をご存じですか?

歯に直接固定する装置では会話や食事のときなど、どうしても異物感が生じてしまいました。また、歯みがきがしにくく虫歯になりやすいといったデメリットがあるのも事実です。

そこでオススメしたいのが、透明な取り外しができる矯正装置です。「アライナー」と呼ばれる透明なマウスピースを交換しながら、少しずつ歯を動かしていく治療方法です。

目立たない、取り外せる矯正装置をご存じですか?

この装置の最大のメリットは、装置を歯に固定させる必要がないということ。治療していることが他人に気づかれることはほぼないでしょう。また、食事や歯みがき中は装置を取り外せるため、普段と同じように生活ができます。

取り外せる矯正装置のメリット
  • 薄い透明のプラスチック素材を使用しているため目立ちません
  • 取り外せるため、普段と同じケアが可能。お口の中を清潔に保てます
  • マウスピースを外して、普段通りに食事を楽しむことができます
  • お口に合ったマウスピースを使用するため、装着の違和感が少ないという特徴があります
  • 装着したままスポーツなどを楽しむことができます
  • 通院頻度は通常4~6週間に一度。無理なく治療を進められます
取り外せる矯正装置のポイント
  • 食事や歯みがき時以外は、装着します。
  • 最初の治療時のアライナー終了後、仕上げのアライナーを数カ月行います
  • 仕上げ時に、数か月ワイヤーによる治療を行う場合があります

取り外せる矯正装置での治療の流れ

1

初診相談

患者さまの症状と治療の概要についてご説明いたします。

2

精密検査

口腔内写真、レントゲンを撮影します。

3

コンサルテーション

検査結果について、治療が可能であるかどうかを診断します。治療の方法や使用する際の注意事項についてご説明します。

4

専用の歯の印象

5

クリンチェック閲覧

治療期間や抜歯の有無、仕上げのワイヤー矯正の可能性など治療の詳細をご説明します。

6

治療スタート

1ヶ月に1回来院してください。

7

再印象、仕上げの治療

8

保定

もとの歯並びに戻らないように保定します。

治療中に守っていただくこと

  • 食事、歯みがきの時以外は常に装着します
  • 新しいアライナーを装着後一週間は、チューイーにてしっかり噛んで装着し、フィットさせます
  • 新しいアライナーは、着脱時取りにくいこともありますが、必ず取れますので安心してください
  • 飲み物は、冷たいもので砂糖が入っていないものであれば、装着しながら飲むことが可能です
  • 使用後のアライナーは捨てずに、必ず保管し、次回診療日に持参してください
注意事項について
  • 治療開始から数日~1、2週間ほど不快感や痛みが生じる可能性があります。
  • 歯の動き方には個人差があるため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 歯の形、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
  • 仕上げの工程でワイヤー矯正が必要になる可能性があります。
  • 保定装置を指定した期間使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。

当院の矯正治療は矯正歯科を専門に行う歯科医師が担当し、診断および治療を行っていますのでご安心ください。歯並びで気になることがあれば些細なことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。