痛みの少ないむし歯治療

  • TOP  >  
  • 痛みの少ないむし歯治療

treatment痛みの少ないむし歯治療

おもてなしの心で患者さまの不安を取り除く

おもてなしの心で患者さまの不安を取り除く

患者さまの多くは、緊張した面持ちで診察室に入ってきます。これからどんな治療がはじまるのだろう?痛みはあるのだろうか?そんな不安でいっぱいです。

当クリニックではできるだけ削らない、痛みの少ない治療を心がけています。また、患者さまの中には、痛みや不安、あるいはこうして欲しいという希望があっても、なかなか言い出せない方もいらっしゃいます。

そのため、「痛いところはありませんか?」「調子悪いところはありませんか?」など、できるだけお声がけをしながら、患者さまの希望をお聞きしています。ホスピタリティ精神を大切に、患者さまにとって喜んでいただける治療を心がけていますので、治療に関する悩みや心配ごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

痛みの少ないむし歯治療

痛みの少ないむし歯治療

むし歯の治療は痛くてイヤ!ほとんどの患者さまが、そうおっしゃいます。治療中の痛みが怖くて、歯医者さんに行くのを躊躇してしまうそうです。しかし処置が遅れると歯を削る量も増え、場合によっては大切な歯を失うことになってしまうことにもなりかねません。

当クリニックでは痛みを和らげる治療を行うために、表面麻酔(麻酔前の麻酔)や電動麻酔器を使用しています。また、少しでも不安を取り除くため、患者さま全員に医療用ナースコール「デンタルフラッシュ」をご用意しています。

治療中の痛みをなくすために万全体制をとっていますので、痛いときには気がねなくお知らせいただき、どうぞ安心してお任せください。

表面麻酔でチクっとした痛みをなくす

麻酔針をさしたときの痛みで麻酔を嫌がる方がいらっしゃいます。当クリニックでは針を刺したときの痛みをなくすために、“表面麻酔”を行っています。表面麻酔は麻酔のための麻酔といったもので、歯肉の粘膜に塗り感覚を麻痺させます。その後、麻酔針を刺しますので、チクっとした痛みさえも感じることはありません。

電動麻酔器で痛みのほとんどない麻酔注射

電動麻酔器で痛みのない麻酔注射

麻酔注射の痛みは注入時の圧力と速度が影響していて、一定の速度でゆっくりと注入することで痛みを抑えることができます。ところが手動注射器ではコントロールが難しく、痛みや不快感が伴います。

当クリニックでは電動麻酔器を使用した痛みのない麻酔注射を行っています。電動麻酔器はコンピューターで注入速度をコントロールしています。麻酔液が一定速度で注入されますので、痛みや不快感がほとんどありません。

痛みを知らせるデンタルフラッシュ

痛みを知らせるデンタルフラッシュ

今までの治療では、治療中に痛みを感じたときには、手を挙げていただいていました。しかし、そうは言っても何となく手を上げにくいという方もいらっしゃいます。

そこで当クリニックでは、歯科用ナースコール「デンタルフラッシュ」をご用意いたしました。 治療中に痛みを感じたら、すぐにボタンを押してください。ブザーが鳴りますので、手を挙げなくてもドクターに伝わります。

細い注射針で痛みを軽減

細い注射針で痛みを軽減

麻酔注射の痛みには注射針の太さも関係しています。細い針ほど刺さるときの痛みが少ないため、当院では麻酔注射のときに、歯科業界でもっとも細い33G(ゲージ)を使用しています。

むし歯は予防できる病気です。

むし歯は予防できる病気です。

お口の健康を守るためには、日々の歯みがきがとても大切。ただ、セルフケアだけではすべての汚れを落とすことが難しいため、みがき残しなどが少しずつ蓄積してしまいます。そこで活用したいのが、定期健診・クリーニングなど、歯科医院でのプロフェッショナルケアです。プロの手による定期的なケアは、むし歯・歯周病などの予防につながります。

むし歯にかかってから治療を受けると、たとえ機能が回復しても、治療のダメージは残ってしまいます。またむし歯は自然治癒することがないため、治療が遅れるとそれだけ進行することに。つまり、「かかってから治す」では遅いということです。むし歯や歯周病からお口の守るために、ぜひ予防に取り組んでください。