口腔外科

  • TOP  >  
  • 口腔外科

surgeryハート歯科クリニックの
口腔外科について

すべての親知らずが抜歯になるわけではありません

すべての親知らずが抜歯になるわけではありません

「親知らず=抜く」と思われるかもしれませんが、実は抜歯が必要ないケースもあります。ただ、放っておくと痛みが出たり、周囲の歯や歯列に悪影響となったりする可能性もあるため、お口の状態に合わせて抜歯するかどうかを判断しなくてはなりません。まずはその判断のために、ぜひお早めに歯科医院にご相談ください。

抜歯するケース 抜歯しないケース
  • 腫れや痛みがある
  • 親知らずの一部が歯ぐきに埋まっている
  • 歯並びや噛み合わせを乱すリスクが高い
  • 噛み合う歯がない
  • 親知らずが、むし歯や歯周病になっている
  • 周囲の歯のむし歯リスクを高めそうなとき
  • 腫れや痛みがない
  • 通常の奥歯のように機能している
  • 将来、移植治療などに使える可能性がある

「顎が痛い」「カクカクと鳴る」といったお悩みはありませんか?~顎関節症について~

「顎が痛い」「カクカクと鳴る」といったお悩みはありませんか?~顎関節症について~

こうしたお悩みがある方は、顎関節症が疑われます。実は、「口を開閉すると顎が痛い」「カクカクと鳴る」「口が開きにくい」という症状は顎関節症の3大症状と呼ばれるもの。顎関節症とは、噛み合わせの癖や歯ぎしりなどの過度の負担、生活習慣、ストレスなどさまざまな理由から、顎関節に不具合が生じてしまう疾患です。原因まで踏まえて適切な治療方法を検討する必要がありますので、ぜひお早めにご相談ください。

ナイトガード

ナイトガード

眠っている間の歯ぎしり・食いしばりは歯や顎に大きな負担をかけてしまいます。しかし自分自身でコントロールするのは難しい面もあるため、ナイトガードと呼ばれるマウスピースを寝ている間に着用し、顎への負担を軽減する方法があります。

その他の治療

インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療は失った歯の機能を回復する方法の1つです。治療には人工歯根の埋入手術が含まれ、口腔外科で行います。当院にはインプラント専門医が在籍していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

外傷・炎症

外傷・炎症

ケガ・事故などによって起きた顎の骨や歯の骨折は、口腔外科で治療を行います。頭部などへの影響が考えられる場合は、診察後に別の医療機関での精密検査を促すこともあります。また、お口の周囲で起きた炎症の治療、潰瘍などの切除も口腔外科で行います。