泣かない小児歯科

  • TOP  >  
  • 泣かない小児歯科

kidsお子さまを歯医者嫌いにさせないために
~泣かない小児歯科~

小児歯科の重要性

小児歯科の重要性

乳歯は抜けて永久歯に生えかわるから、むし歯になっても大丈夫。そう考える方もいるようですが、それは大きな間違いです。乳歯がむし歯になったということは、お子さまのお口の中にはむし歯菌がいるということになります。つまり、永久歯に生えかわったあと、むし歯になりやすい環境になるということです。

そのため、乳歯のうちに歯科医院へ通う習慣や正しいブラッシング習慣を身に着けることは、とても大切。お子さまの歯を守ることにつながります。また、保護者の方がしっかりと仕上げみがきをしてあげることも大変重要です。

「泣かない小児歯科」とは?

言葉をかけながらお子さまに安心感を与える

言葉をかけながらお子さまに安心感を与える

小さなお子さまにとって、歯医者さんは怖い場所です。診察台上に座っていても、「これから何が始まるんだろう?」と心臓がバクバク。中には、いまにも泣きだしそうなお子さまもいます。強い恐怖心からトラウマとなってしまう方もいらっしゃるほどです。

当クリニック副院長は小児歯科の経験が豊富です。歯医者さんは怖くないということを伝えるために、お子さまと楽しく遊ぶような気持ちで接しています。

「今日はどうしたの?」
「ほらね、全然怖くないでしょ?」

言葉をかけながらお子さまに安心感を与える

こんな言葉をかけ続けていくと、いつの間にか治療が終わってしまうので、泣きだしてしまうお子さまはほとんどいらっしゃいません。なお、子ども好きな女性ドクターもおりますので、ご希望の方はご予約時にお申し付けください。

定期的なチェックで歯を守る

定期的なチェックで歯を守る

当クリニックでは歯質を強くし、むし歯を予防する小児歯科治療を行っています。

3か月~半年に一度の定期健診ではむし歯のチェックを行い、必要に応じた処置をします。またお子さまにとって歯みがきは苦手なもの。磨き残しのチェックをしながら、上手な歯ブラシの使い方を指導し、フッ素塗布でむし歯になりにくい歯質を作ります。

歯並びチェックで矯正が必要と思われるお子さまには、矯正治療をご案内しています。定期的な来院で、お子さまの歯の健康を守っていただければと思います。

歯質を強くするフッ素塗布

歯質を強くするフッ素塗布

フッ素には高いむし歯予防効果があります。最近ではフッ素配合の歯みがきも出回っているので、ほとんどの方がその存在をご存のことでしょう。

フッ素は歯の再石灰化を促し、むし歯の進行を抑えてくれます。フッ素ジェルやフッ素洗口、あるいはフッ素入り歯みがき剤など、さまざまな使用方法がありますが、その中でも、もっとも効果があるのが、歯医者さんで行うフッ素塗布です。

なおフッ素のむし歯予防効果は3~4か月ですので、定期的な処置をおすすめしています。

お子さまが笑顔で過ごせる環境を整えています

お子さまが笑顔で過ごせる環境を整えています

お子さまには、「泣かない」だけではなく笑顔になってもらいたい。そんな思いから、当院ではお子さまができるだけ笑顔で過ごせるような医院づくりに努めています。院内にはキッズスペースを完備し、ベビーカーのままでも診療ユニットまで入ることができる仕組みになっています。

また、当院は小児歯科の経験が豊富で、子ども好きな女性ドクターも在籍。また、矯正治療は保育士資格を持つドクターが担当します。治療前には歯科医院や器具に慣れていただくためのトレーニングを行い、治療開始後もお子さまのペースに合わせて進めていきます。